読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

1億稼ぐ人の「超」メモ術

1枚のメモが、あなたの未来と人生を変える――。
学生時代に起業して1億円を稼ぎ、その後、日本一厳しいと言われた野村證券で未だ伝説の売り上げを上げた男。
30年以上も結果を出し続けるその仕事の原点は、実は朝4時半の起床時からはじまる手書きメモの習慣にあった。
仕事のアイデア出しから効率化、人を魅了する企画やプレゼン、そしてビジネスにつながる人脈づくり……
あらゆるビジネスシーンに応用できる、著者の日々のメモ術、
そしてそのメモの集大成とも言えるノート術の秘密をここに大公開する。

【目次】
はじめに なぜ朝6時にメモを書くと強運になるか
第1章 「白いメモ」でチャンスの神様をつかむ
第2章 アイデアが降りてくる瞬間を逃さない
第3章 仕事運をぐっと上げる「ノート」術
第4章 大きな企画をつくる「未来メモ」
おわりに 運を高めるということはルーティンを守ること

 

市村 洋文
1959年北海道生まれ。立教大学社会学部に入学。
大学時代に流行の先を読み、学生向けスキーツアーを企画しビジネス化に成功。大学時代の売上60億円。
83年卒業後、野村證券に入社し、30歳で月に600億円の売り上げを上げる証券マンに成長する。
野村における最年少記録を樹立。37歳で野村證券の最年少支店長となる。
野村において営業マン2万名の営業指導者となり、「野村證券伝説の営業マン」と呼ばれるようになる。
39歳のとき、野村證券からKOBE証券(現インヴァスト証券)へヘッドハンティングされ、当時最年少での総合証券社長として活躍。
280億円の預かり資産を1兆4400億円に増やし、2006年にKOBE証券を上場させることに成功。
上場時価総額400億円をつくり、47歳でKOBE証券グループの社員数2500名の上場会社組織をつくり上げる。
2007年、48歳で日本最大のビジネスマッチング・顧客紹介の会社をつくるべく、ファーストヴィレッジ株式会社を設立。
38000人の経営者のネットワークをつくりあげる。

 

f:id:hopehill:20170322205528j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!