読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

絶対達成する決断力のつけ方――意思決定が速くなる「ノイズキャンセリング仕事術」

→直感の99%は間違い! 
→決断の新兵器――「朝の三択」
→「B・A・Dノイズ」を消す「ノイズキャンセリング仕事術」
→発売たちまち重版! 累計9.5万部の「絶対達成」シリーズ第3弾! 

年間5000人を変える「現場コンサルタント」があなたを変える! 

仕事、資格試験、ダイエットなど、やろうやろうと思いながら、決断を先送りしてしまうあなたも、
3つのステップで“決断癖"がつく! 

1.あなたの決断力を失わせる3つの「直感の罠」
2.時間の流れをせき止めて「インパクト」をかける! 決断の新兵器「朝の三択」
3.「B(ぶつぶつ)・A(あれこれ)・D(だらだら)ノイズ」を除去する「ノイズキャンセリング仕事術」

決断力のない人に、「直感」は百害あって一利なし! 

【著者からのメッセージ】
私は研修中に数々のトラップ――「罠」を仕掛けます。
決断できない人は、思い込みの「罠」に引っかかっています。
その罠を取り外すために、別の罠、つまり「決断の罠」を私は設置するのです。
罠には罠を、です。
まずは、3種類の「直感の罠」――「確実性の罠」「リスク過敏の罠」「素人意見の罠」を知りましょう。
本書で紹介する「朝の三択」は、精神論ではありません。
「朝の2分」で、誰でも、思い切った決断ができるように考案された、決断プロセスです。
ビジネス現場ではもちろん、TOEICテスト、情報処理関連などの資格試験からダイエットまで、
たった2分で本人すら気づかなかった驚くべき決断事例が出ています。
この決断の新兵器――「朝の三択」。
どのようにして自分の脳をだますのか?
なぜ、人為的に「決断の罠」を仕掛けることができるのか?
行動心理学に基づいたテクニックをぜひ知っていただきたいと思います。

おかげさまで、『絶対達成する部下の育て方』『絶対達成マインドのつくり方』が版を重ね、
「絶対達成シリーズ」も累計9.5万部を突破しました。
『部下本』によって担当編集である私の意識と行動は一気に変わりました。
「予材管理」により、目標予算の2倍を積み、毎朝企画の進捗状況をチェックすると、
チームと自らの目標予算の2倍を両方とも達成してしまったのです。
それが1回だけはなく、複数回ということからも、
本書の業種業態を超えた普遍性の威力はすさまじいものがあります。
今回の書籍は3つのステップ――1.3つの「直感の罠」→2.決断の新兵器――「朝の三択」→3.意思決定が速くなる「ノイズキャンセリング仕事術」
で“決断癖"がつく内容になっています。
また、これまで「絶対達成シリーズ」のキーフレーズで、
「習慣=インパクト×回数」があり、前2作は「回数」を扱ってきましたが、
本書では「絶対達成最大の謎」ともいうべき「インパクト」にはじめて焦点をあてた、これまでにない一冊となっています。

 

f:id:hopehill:20170322204511j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!