読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

お金に愛される人は、美しい財布を使っている

お財布を変えれば人生が変わる! 
なぜかお金に困らない人の財布は、いつも美しいものです。
お金に困っている人の財布は、汚れていたり、擦り切れていたり、カードやレシートでいっぱいになっていたりしますが、
お金の哲学を持っている人の財布は、いつもスリムで、美しい。
国際線CA、そして税理士として数々のVIPや経営者を見る中で、その法則に気が付きました。

お金はただの紙ではなく、人の信頼を表すもの。
つまり、人の役に立てば立った分だけのお金が財布に入ってきます。
お金持ちの人は、それだけ人・社会に貢献しているから、対価としてお金を手に入れている。

だから、お金が欲しいなら、まずは相手のことを考える必要があります。
自分だけただで儲けようとか、人から奪う人のところに、お金は長くとどまらない。

たとえば一番最近、寄付をしたのはいつですか?
いつもワリカンしていませんか?
無意識に人から奪っているものはありませんか?
今、「お金がない」と思う状態なのであれば、足りないのはお金ではなく、信頼を増やす行動なのかもしれません。

お金がたくさん回ってくる人の、お金の使い方、向き合い方、考え方。
「お金の出口を把握する方法」「効率的な貯蓄の方法」「クレジットカードの選び方・ポイントの罠」など、
具体的なハックを示しつつ、お金に悩まないエレガントな生き方を提案します。

<目次> Chapter1 お金に愛される人の財布
裕福なご令嬢は、9割がヴィトンの定番財布

Chapter2 お金をまわせば、入るものも大きくなる
神様のポケットにも貯金をしましょう
マザー・テレサの逸話
「お金がない」と口に出さない
人から奪ったり、ただで儲けようとしない
寄付をする
定期的に神社へお礼を言いに行く
Column2ふるさと納税について

Chapter3 気持ちまで豊かになるお金の習慣
不安を埋めるために貯金するのはやめる
ワリカンは原則、しない
お金の支払いは見えないところで
Column3クレジットカードについて
Column4ポイントの罠

Chapter4 お金で悩まないというエレガンス
ブランド品の分割払いは身分不相応の証
買い物の後に罪悪感を感じない

 

著者が財布というモチーフを基にして語るのは、
たとえお金がない状態に置かれたとしても、自然とお金が集まってくる人になる、
「お金持ちマインド」のある優雅な女性の生き方です。

相手に与えること、そして人から与えられること、そのエネルギーの交換を幸せと感じられること。
たとえば「ワリカン」は、相手に与えも与えられもしない代わりに、エネルギーの循環を断ち切ります。
まずは素直に感謝して受け取り、気持ちよく人に与えられる人になりましょう。

 

f:id:hopehill:20170320095236j:plain  

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!