読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

AI、自動車、バイオ、農業、医療、エネルギー、軍事、VR、拡張現実――。

テクノロジー予測で全世界的な信頼を持つグローバルエリート誌が総力をあげて大胆予測!

・自動運転車によって、都市の車両数は90%減少する。
・人間の脳はインターネットに接続され、図書館やスーパーコンピュータと直接つながる。
だが、同時にマルウエアやウイルスまで一緒に取り込んでしまう。
・誰もがARグラスを使用するようになる。他言語を話す人との会話はリアルタイムで翻訳
され、街からは看板や信号が撤去される。その技術はやがて眼球自体に組み込まれる。
・プライバシーは、飛行機のビジネスクラスや別荘のように、富裕層だけの贅沢品になる。
・すでに西側のスナイパーの狙撃距離は2475メートルを記録。今後は、空中で軌道を修正
できる弾丸の開発で、照準線の向こうに隠れる敵を狙撃できるようになる。


【目次】

■はじめに 破壊的で大規模な技術の変化「メガテック」

〈第一部 制約と可能性〉

■第1章 日本のガラケーは未来を予測していた
過去、現在、SFで描かれる未来。この3つが2050年を見通すための鍵になる。
15年前、スマートフォンの登場を予測した人々は、日本の女子高生に注目した。

■第2章 ムーアの法則の終わりの先に来るもの
チップの極小化によるコンピュータの高性能化(ムーアの法則)は、原子のレベルに
近づき限界を迎えつつある。だが、そこからコンピュータの発展の未来が見えてくる。

■第3章 第7の波、AIを制する者は誰か?
メインフレーム型コンピュータの第一の波を制したのはIBM。第二の波はパソコン。
その波を制したビル・ゲイツは、遥か未来のAIの登場について当時考えていた。

■第4章 なぜデジタル革命では生産性向上がみられないか?
経済学者のロバート・ゴードンは、産業革命と比べると、今日のデジタル革命では、
生産性、労働賃金、生活水準はほとんど上がっていないと指摘したが、その盲点は?

■第5章 宇宙エレベーターを生み出す方程式
どんな技術が実現可能か。物理学者はその答えを導き出す方程式をすでに手に入れてい
る。タイムマシンや光速を超える情報伝達は実現しないが、老化や疾病は克服できる。

■第6章 政府が「脳」に侵入する
人間の脳はインターネットに接続され、図書館、スーパーコンピュータ、宇宙望遠鏡
と直結する。だが同時に、スパムやマルウエア、ウイルスも一緒に取り込んでしまう。

■特別SF1 傷つく自由(アレステア・レナルズ)

〈第二部 産業と生活〉

■第7章 食卓に並ぶ人造ステーキ
世界人口は約100億人に達するが、食糧危機は起こらない。細胞培養を通じて、多く
の食品が工場で製造されるからだ。牛乳も卵も、生産に生身の動物は必要なくなる。

■第8章 医療はこう変わる
集中治療室での診断情報の解釈から難易度の高い外科手術まで、学習能力をもったAI
が担うようになる。一方、糖尿病、癌などでは予防用ワクチンの開発が進むだろう。

■第9章 太陽光と風力で全エネルギーの3割
太陽電池は透明な軽量フィルムとなり、自宅の窓やカーテンはもちろん、衣服でも
発電が可能になる。原発は先進国では廃炉が進み、中国、インド、ロシアのみに。

■第10章 車は編まれ、住宅は印刷される
3D印刷の市場規模はまだ67億ドル程度だが、2040年には1兆ドルを超える。その未来
を見抜いた中国は、すでに大量生産ラインで活用。建物まで印刷している。

■第11章 曲がる弾丸と戦争の未来
すでに西側のスナイパーの狙撃距離は2475メートルを記録。今後は、空中で軌道を
修正できる弾丸の開発で、照準線の向こうに隠れている敵を狙撃できるようになる。

■第12章 ARを眼球に組み込む
誰もがスマートフォンの代わりにARメガネを使いはじめる。街からは看板や信号が
消え、他言語はリアルタイムで翻訳。その技術はやがて眼球自体に取り入れられる。

■特別SF2 博士の救済(ナンシー・クレス)

〈第三部 社会と経済〉

■第13章 人工知能ができないこと
AIがわれわれを超える知性を持つことを心配する人は多い。しかし、アルファ碁は
対局の最中に火災報知器が鳴り響いても、次の一手を探しつづけるだけだ。

■第14章 プライバシーは富裕層だけの贅沢品に
コンピュータはすでに医師よりも正確に乳癌の発症を予測できる。だが、その認識パタ
ーンは膨大かつ曖昧で、人間の理解を超えている。ゆえに因果関係の把握は不可能だ。

■第15章 10億人の経済力が解き放たれる
アフリカでは農民のほとんどが女性である。市場価格を知らない彼女たちは、業者の
言い値で取引し、貧困状態にとどまっている。彼女たちを救うのはスマートフォンだ。

■第16章 教育格差をこうして縮める
中産階級の子供が最初の2年で親から語りかけられる言葉の数は、労働階級の子供と比
べて数百万語多い。幼児教育から始まるこうした格差を、技術の力でいかに埋めるか。

■第17章 働き方は創意を必要とされるようになる
私たちは現在、毎日150回以上携帯電話を確認し、メッセージ等の通知に10.5秒に
1回の割合で作業を中断させられている。こうした働き方はいつまで続くのか。

■最終章 テクノロジーは進化を止めない
産業革命は蒸気電力の開発から始まった」。実は、これは誤解である。技術の誕生は
革命の結果に過ぎず、原因ではない。今も昔も、テクノロジーに意思などないのだ。

 

二〇〇〇年代初頭、シリコンバレーの『WIRED』誌では、「日本の女子高生ウォッチ」なるコラムが人気を博していた。日本の多機能のガラケーとそれを使いこなす女子高生は、未来を先取りしていると考えたのだ。それは、iPhoneの未来を予測していた―。こうした未来を予兆する「限界的事例」を現在に求めてみる。アフリカではスマホで当事者間が金融決済をしている。BMWi3の車体は、炭素繊維を編み上げて造っている。テクノロジー予測で全世界的な信頼を持つグローバルエリート誌が総力をあげて大胆予測!

 

f:id:hopehill:20170420132406j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法

「ブランドとは何かを定義して欲しい――。
そう訊かれてふと意識にあがるブランドのイメージは
間違っている。なぜならブランドとは、脳が無意識に
魅了された「幻覚」だからだ。ブランドの実体が
脳科学のメスで解剖され、さらにブランド戦略の
専門家の視点が加わる本書自体の求心力も抜群だ。」
東京大学薬学部教授 池谷裕二氏推薦


本書では、ブランドとは何か? どうやってブランドを構築すべきなのか?
という点について、だいたいにおいて無意識、かなりの怠け者、感情に動かされる
不合理なもの、とさまざまに評される私たちの脳について、科学的側面から考察し、
新しいブランドの考え方を提案します。

本書の第1部では「無意識」にフォーカスし、私たちの脳が持つ
驚くべき働きについて説明していきます。

第2部では、第1部の脳の実際の働きをふまえて、著者の提案する考え方である、
「ブランド・ファンタジー」を用いて、ブランドとは一体何なのか、
人の心の中でどのように存在しているのか、どのように育て形作ればいいのか、
という点を紐解きます。

第3部では、第2部で得た考え方をブランド構築や広告、市場調査、商品イノベーション
応用して解説し、脳の実際の働きにマッチしたブランド構築法を提案する内容となります。

決して専門的すぎず、マーケターをはじめブランドに関わる仕事をする方や、
脳とブランドの科学に興味のある方々に向けて、わかりやすく多くの実例を
織り交ぜながら書かれた1冊です。

【推薦のことば】
「深遠で説得力があり、わかりやすく書かれた本書は、あらゆるマーケティング担当者が真に重要な仕事で目指す レベルを上げる。マーケティングの持つきわめて強大な力は、小手先のごまかしでは発揮することができない」
――セス・ゴーディン、『マーケティングは「嘘」を語れ! 顧客の心をつかむストーリーテリングの極意』(ダイヤモンド社)の著者

「確かな研究と実例によって、ダリル・ウェーバーマーケティングの科学を刺激的ですぐに実践可能なものにした。ブランドの力を活用したいと考える人にとって、本書は貴重なツールになる」
――ニール・イヤール、『Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の
新ルール』(翔泳社)の著者

「魅力的な本だ。脳のネットワークがどのように構築され、私たちがどのように無意識的にブランドと共感するのか、ウェーバーは深く掘り下げている。その理論は信じられないほど刺激的で実践しやすい。ブランディングに関わる機会に恵まれた人にとって必読の書だ」
――ジョナサン・ミルデンホール、エアビーアンドビーのCMO

著者について

Daryl Weber/ダリル・ウェーバー

経験豊かなブランド戦略コンサルタントであるダリル・ウェーバーは、コカ・コーラ、ナイキ、ジョニー・ウォーカーゲータレード、パンパースなど、世界で最高かつ最大のブランドの多くに影響を与えてきた。
かつてはコカ・コーラ社でクリエイティブ戦略を担当するグローバル・ディレクターを務め、10億ドル級のブランドのブランディングコミュニケーション戦略を統括した。
それ以前には、小規模専門会社向けのブランディングイノベーションコンサルティング会社、レッドスカウトの戦略部長として、フォーチュン100(グローバル企業の総収入ランキングトップ100)入りした企業に、新商品イノベーションやブランド・ポジショニングに関するアドバイスをした経験もある。
ウェーバーコロンビア大学で心理学を専攻し、学士号を取得。
現在はアトランタで、妻ジェニファーと息子アヴィと一緒に暮らしている。

 

f:id:hopehill:20170420132217j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

なぜ「戦略」で差がつくのか。―戦略思考でマーケティングは強くなる―

戦略というのは、体得すれば極めて強力な道具になります。

しかし、経営戦略、マーケティング戦略、広告戦略、営業戦略…
と企業の中では「戦略」という言葉が必要以上に多用されています。

定義や意味が曖昧なため、ビジネスの現場で混乱や誤解を招く原因にもなり、
実際的に戦略を運用する上では、ほとんど役に立ちません。

つまり「戦略」は、いまだにかなり曖昧な単語だということです。

戦略の考え方のひとつを理解することは、今後の選択や意思決定に対して有効な指針となります。
本書は、それぞれの読者が戦略を実践的な思考の道具として体得されることを目指すものです。

著者が、P&G、ダノン、ユニリーバ日産自動車資生堂
マーケティング部門を指揮・育成しながら築いてきたものをベースにした戦略概念と、
思考の道具としての使い方を丁寧に紐解きます。


【目次】

はじめに

第1章 戦略を定義付ける
01 戦略を定義するための出発点
02 戦略があるとなにがいいのか

第2章 戦略の構成要素1「目的」を解釈する
01 目的にはいいものとそうでないものがある
02 いい目的を設定する強い味方――SMACとSMART
03 「目的」を別の角度から眺めて、再解釈する
04 「目的」を再解釈する具体的な手法

第3章 戦略の構成要素2「資源」を解釈する
01 「資源」を解釈し直す
02 資源を考える 1内部資源
03 資源を考える 2外部資源
04 資源を考える 3認識しにくい内部資源――内部資源になりそうなもの
05 資源を考える 4認識しにくい外部資源――外部資源になりそうなもの
06 複数の資源を効率的に運用する

第4章 戦略の効用
01 戦略を持つことでなにが変わるのか
02 戦略があれば不測の事態に対処できる
03 戦略と再現性に固執する

第5章 戦略を組み立てる
01 戦略を組み立てるための思考法
02 戦略の階層――上位の手段が下位の目的になる
03 「選択と集中」がなぜ必要になるのか
04 「選択と集中」を説明する概念
05 「選択と集中」を妨げる概念
06 複数の視点を獲得する
07 戦略を文章化する

第6章 戦略を管理する
01 戦略をいかに実行に移すか
02 戦略を変更すべきとき

第7章 戦略的に考える
01 最悪の事態を回避するための思考トレーニング
02 不確実性を読む

第8章 「戦略」をより深く理解する
01 実践的な思考の道具としての戦略
02 従来の戦略論とどう関連するか

各社でマーケティング部門を育成・指揮してきた著者が初めて明かす!2つの要素さえ押さえれば、あなたは戦略を使いこなせる。

 

f:id:hopehill:20170420132043j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!