読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

世界No.1経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」の記者と経済学者が、本当に役立つ50の経済指標を厳選! 
経済の動向を示すデータの動きが読み解けるスキルが身につき、経済の変化をいち早く察知できるようになるので、景気の変動に左右されることなく大切な資産を守り、着実に増やすことができる。
基本的な経済指標を押さえつつ、知る人ぞ知る指標も多数紹介。 

 

「監訳者まえがき」より抜粋
経済の先行きが不透明さを増している中で、自分はどのように生きていけばよいのか。国の経済政策は、どのようなものが望ましいのか。個人の資産運用あるいは資産防衛はどうあるべきか。さまざまな問題意識を抱いている人は少なくないでしょう。
世界各国の経済は、モノとマネーの双方を通じて、複雑に絡み合うようになりました。このため、ギリシャなど欧州で財政の危機が深刻化すると、日本でも景気悪化や株価下落が生じます。タイで大洪水が発生すると、日本でデジタルカメラが品不足になるといった事態になるのです。できるだけ効率的に、関連知識を吸収することが大切になってくるのです。
世界一の経済規模を誇り、世界経済のハブ(中心軸)になっているのは、何といっても米国です。日本の経済は、米国の経済の好悪によって、多大な影響を受けています。日本の株価は、米国の株価に連動して上下に動くケースがほとんどです。そこで、米国の経済がどのように動いているのかが、「この指標さえチェックしていればわかる」という本はないのだろうか、という話になります。本書『ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール』は、まさにそうした本だといえるでしょう。
私は、マーケットの視点から経済を分析し予測していくエコノミストとして、すでに22年以上働いています。そうした私の知識や経験から見ても、サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト両氏が著した本書の記述には、うなずかされる部分が数多くありました。たとえば、「はじめに」の中にある次のような記述は、私がいくつもの著書で主張してきたことと、ぴたりと重なりあっています。
「経済指標は、経済の変化をいち早く察知するための道具です」
「ここで取り上げた経済指標が、すべてではありません。経済のヒントは日常のさまざまなところに転がっています。自分の目でそれを探してみてください」
「他人の言うことを鵜呑みにするのではなく、自分自身で判断できるようになりましょう」
この本の原書を読んで、私がまず感じたのは、「どこからでも読める読み物になっているな」ということでした。米国の経済指標を紹介する本は日本でも多数出版されていますが、それらの多くは「事典」の性格が濃いものです。無味乾燥な記述の羅列で、読んで楽しいものだとは、けっしていえません。ところが本書の場合は、各節があたかもコラムのように書かれており、まさに「読んで楽しい内容」になっています。しかも、「どこから読んでもよい」のです。
対象にしている読者層が広いということも、本書の特色でしょう。 外貨や株式などで投資をしている人や、ビジネスマンにくわえて、シニア層、主婦、学生など、さまざまな人が読んで楽しめる、あるいは有益な知識を得ることができる内容になっています。

 

f:id:hopehill:20170328223649j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

No.1為替ディーラーが伝授する インターバンク流FXデイトレ教本

インターバンクのプロが認めた本物のNo.1ディーラー
著者の小林芳彦氏は、長年にわたって外資系銀行で要職を歴任、その間、各銀行のディーラーや機関投資家など
インターバンクで活躍するプロを読者対象とした雑誌『ユーロマネー(日本語版)』が行なっている顧客投票
「日本のディーラー・ベストセールス部門」で6年連続第1位(計7回1位を受賞)、
「短期為替予測部門」で5年連続第1位を受賞するなど、まさにプロが認めたナンバーワンディーラーである。

☆日々のデイトレの売買の方向性と水準の決め方がわかる
著者は現在もJFXに口座を開設している顧客に向けて毎朝、その日のデイトレの売買方針(「本日の参入レベル」)を
公表しているが(→口座をもっていれば誰でも無料でチェックすることができ、過去の実績もすべて公開している)、
本書ではその売買方針をどうやって導き出すのかについて、順序立ててやさしく解説する。

☆「ポジションの傾き」を読み取ってデイトレの相場の動きを予測!
著者の相場予測法のポイントは「マーケットのポジションの傾き」から相場の動きを読み取るところにあるが、そのために
①当日の朝に前日までの情報(ファンダメンタルズ、テクニカル)を一定の手法によって整理し、
②当日(東京時間)の売買の方向性(売りか買いか)を決め、
③仕掛けと利食い損切りの価格ゾーンを設定して実際に取引を行なう、
という一連の手法は、一般の個人投資家も十分に活用できるノウハウとなっている。

インターバンクのプロならではの発想法とノウハウが満載
為替相場においていちばん値動きが大きくなり、儲けることができるのは「他人が損切りする場面」である。
本書では、種々の情報から「ポジションの傾き」を読み取り、他人が買いポジションを投げたり、
売りポジションを買い戻したりする場面で儲けを掠め取るテクニックと発想法を公開。
「他人の不幸は蜜の味」とするインターバンクのプロならではのエグい取引作法は、
デイトレーダーのみならず、為替相場に興味がある人にとって抜群に面白い読み物となっている。

著者について

1979年慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行。1987年から本店資金為替部調査役。
1989年10月よりクレディスイス(資金為替部長)、1997年クレディスイス・ファーストボストン(シニアセールス)、
1998年バイエリッシェ・ヒポ・フェラインス(為替資金部長)、2001年バンク・オブ・アメリカ(為替資金部営業部長)で要職を歴任。
『ユーロマネー誌(日本語版)』顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」で6年連続第1位、
「短期為替予測部門」で5年連続第1位を受賞。 現在はJFX株式会社代表取締役

 

f:id:hopehill:20170328223509j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

 

FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!

「FXはチャートで勝つ!」と断言する著者が、ローソク足移動平均線など基本的な5つのツールだけで相場の行く末を見極める方法を、実際の事例でわかりやすく丁寧に解説。「始値終値、どちらが大切?」「移動平均線の本当の意味は?」など分かりやすい文章を読み進めるうちに効果的なトレード戦略が自然と身につく!

 

ネット証券セミナーで大人気の講師が、超具体的な相場予測法と勝てるトレード戦略を大公開。

 

f:id:hopehill:20170328223321j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!