読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる!投資ぼんぼん

日本初の「最新投信本まとめ」

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

ビットコイン、ブロックチェーン、フィンテックの「?」に答えます。

ビットコインはどうやって手に入れるの?
▶投資対象としてはどうなの?
▶コピーや改ざんされる心配はないの?
▶ブロックチェーンってどんな技術?
フィンテックが実現する未来とは?
▶次はどんなサービスが登場する?

これでわからなければ、ごめんなさい!
基本の仕組みの解説から最新トピックまでを体系的に解説。
数あるビットコインやブロックチェーンの解説書の中でも、一番わかりやすい入門書です。


ビットコイン・ブームが起きています。
2017年2月時点でビットコイン時価総額は169億ドル。57億ドルだった1年前の約3倍にまで膨らんでいます。
また、ビットコインのユーザー数も、2017年2月時点で1186万人と、580万人だった前年のおよそ倍と、拡大の一途をたどっています。

このように世界中から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからないという人が多いのが現状です。
ビットコインは仮想通貨(バーチャルカレンシー)といわれますが、バーチャルなだけに、
手に取って触ることができないため、それがどんなものか、意外と知られていないようです。

ビットコインは、ブロックチェーンという新技術によって生まれた「仮想通貨」であり、
0と1で表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、
特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」でもあるという、きわめて複雑な特徴を持っています。

しかし一方で、使い方はごく簡単。専用アプリを使えば、すぐに始めることができます。
そして実際に使ってみれば、直感的に「ああ、こういうことか」とわかるはずです。

本書は、デジタル時代に新しく生まれたビットコインと、それを支えるブロックチェーン、
さらに大きなフィンテック(フィナンシャルテクノロジーの略)の広がりについて、みなさんに身近に感じてもらうことを目的に書かれました。
そのため、三つの同心円の内側(ビットコイン)から外側(フィンテック)に向けて、順番に解説していきます。

 

大塚雄介 おおつかゆうすけ

インチェック株式会社共同創業者兼COO(最高執行責任者)
1980年群馬県生まれ。早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社創業(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。現在、取締役COOを務める。日本最大規模の仮想通貨交換取引所 Coincheckならびに、ビットコイン決済サービス coincheck payment を運営。

講演実績:日本銀行リテール決済カンファレンス「仮想通貨による国際送金」、日本金融通信社東海東京調査センター、WIRED Business Bootcampなど。

寄稿実績:週刊金融財政事情、Forbes、WIREDなど。その他、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)出演など、各メディアにて紹介多数。

 

f:id:hopehill:20170429134729j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

ビットコインの真実 -知らないと損する! 仮想通貨が現実となる時。

"今、注目のビットコイン!
大手家電量販店やネット通販会社による支払手段としての導入、全国26万店舗が加入している店頭決済システムへの採用が報道されるなど、現在。その利用環境は急速に伸びている。
本書では、訪日外国人向けに外貨両替所の全国展開を仕掛けている著者が、2017年4月改正資金決済法施行によりビットコインが決済通貨のひとつと認められたことを受け、最新の情報に基づき、その特長や仕組み、活用法を解かり易く紹介。
また、2020年東京オリンピックや日本カジノ構想実現が迫るなか急速に広がるインバウンド需要を見据え、ビジネスパーソンとしての立場からビットコインの未来と可能性、そのビジネスチャンスについても詳しく解説。 "

 

柞木昌治(ゆすのき しょうじ)
株式会社NEXUS 代表取締役社長。
1976年鹿児島県霧島市生まれ。
母の蒸発、そして自殺。不遇な少年~青年時代を強いられるなか、早くから独立心が芽生える。高校中退後、寝具販売会社などを経て、2000年福岡・北九州で飲食店を開業。4年間で4店舗開店し、最盛期の年商は5億。従業員100名以上の会社に育て上げる。
2013年には東京渋谷に進出し、株式会社NEXUS設立。2020年東京オリンピックや国内カジノ構想の進展を見据え、今後のインバウンド需要拡大にいち早く注目、その中核ビジネスとして外貨両替所の全国展開に着手。
2017年4月1日の改正資金決済法施行を受け、日本で初めて仮想通貨ビットコインを両替対象に組み込むなど、その先見的な経営に注目が集まっている。

 

f:id:hopehill:20170429134556j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

毎月1000円からの投資習慣 投資のことがわからなくても、ほったらかしでお金は増える

安くはじめられて一番貯まる投資法はこれ!

●今、一番安くはじめられて一番貯まる投資法はこれ!

老後のこと、将来のこと、何かあったときのことのために、
お金を貯めなければならないことはわかっていても、
なぜか腰が重い、ということもあります。

そんな方のために、今一番安くはじめられて一番貯まる方法を紹介しました。

日経新聞を読めなくてもお金はためられる

「お金がないから、投資できない」
「投資は面倒そう」
「リスクが大きいので怖い」
「むずかしそう」

と思っていても、
毎月1000円から投資可能な商品があったり、
最初に口座開設すればあとは半年に一度見直すだけ。

また、お金を貯めるのに日経新聞は読めなくてもいいなど、
この投資法でしたら、知識もほぼいりません。

投資の専門家ならではの裏付け・説明もありますので、
満足のいく内容になっています。


●自分に合った投資方法を見つけられる

教育資金をどうするか、
マイホーム返済か投資が先か、
退職金が足りなそう…
など年代によってお金の不安は異なりますが、
こちらで紹介する方法は、いくつかの方法を組み合わせていきますので、
より自分にあった「無理しない」ため方がわかります。

 

藤忍(ないとう・しのぶ)
資産運用アドバイザー。株式会社資産デザイン研究所代表。一般社団法人外資産運用教育協会代表理事。1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院卒(MBA)。金融機関勤務を経て、99年にマネックス証券の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、株式会社マネックス・ユニバーシティ社長などを経て、現在は株式会社資産デザイン研究所代表取締役を務める。3万人の読者を持つ資産デザイン研究所メールを配信し、早稲田大学明治大学、丸の内朝大学などで資産運用講座を担当。自ら金融商品から国内外の不動産まで幅広い投資を実践。また、ワインバー「SHINOBY'S BAR銀座」のオーナーという顔も持つ。著書は、『内藤忍の資産設計塾』シリーズ(シリーズ13万部)や『初めての人のための資産運用ガイド』(シリーズ17万部)など多数。

 

f:id:hopehill:20170429134434j:plain 

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!